姿勢と冷え症の関係とは?? | 相模原の徳永接骨院(淵野辺駅~歩7分)

エキテンランキング第一位

042-752-0352

神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目22-2シルキーコダマ1F

姿勢と冷え症の関係とは??

2020/1/31

こんにちは、徳永接骨院の義澤です!

時期的にも手足は冷えやすいですが、お風呂で温まっても冷えたまま、お布団に入っても温まらない

このように手足の冷えでお悩みの方は多いですよね。

 

ご自身でも冷え症の対策として温めながらマッサージをしたりなど

様々なケアをしているかもしれません。

 

私が考える冷え症の原因は姿勢です。

いくら手足をマッサージしても冷え症は治りません。

 

姿勢と冷え症の関係についてお伝えしていきます。

 

冷え症と姿勢の関係とは?

まず、なぜ冷えてしまうのでしょうか?

基本的には血液循環の滞りが原因とされます。

 

それでは、なぜ血液循環が滞るのでしょうか?

それは、筋肉のポンプ作用が十分に機能していないからです。

 

血液は心臓から手先足先に流れ、再度心臓に戻ります。

ということは足に流れた血液が心臓に戻るためには

重力に逆らって血液を運ぶことになりますよね。

 

そこで重要なことが筋肉のポンプ作用です。

 

冷え症の方は筋肉が十分に機能していませんが、

ここで大切なことが、なぜ筋肉が十分に機能していないか? です。

 

 

実はその原因が姿勢にあります。

 

姿勢が悪い方は筋肉が硬くなってしまいます。

その硬さが原因で十分に機能しなくなってしまいます。

 

手が冷えていれば手を足が冷えてれば足を着目しがちですが

それは対処療法になります。

 

根本的な原因はもっと他(姿勢)にあります。

 

 

当院での冷え症改善方法

冷え症だから温める、マッサージをすることはいっさいしません。

それはご自身でも出来ますし、根本的な解決にならないからです。

 

上記でお伝えして様に、姿勢が冷え症の原因となっているので

正しい姿勢を身に付ける事が第一です。

 

冷え症に適した施術(整体)は下記になりますのでご覧ください。

 

無痛ゆがみ整体(骨盤矯正を含む)

 

 

この施術では姿勢を正して体の内側から熱を作れるようにします。

姿勢を正すためにはインナーマッスルが機能していなければならないし、

インナーマッスルが熱を作る働きもあります。

 

あなたの冷え症の原因を突き止めて、アプローチしていけば

徐々に冷え症は改善していきます。

 

 

何かありましたらお電話でご相談下さい!

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス

 

お問い合わせ042-752-0352