顔ってゆがむの?! | 相模原の徳永接骨院(淵野辺駅~歩7分)

エキテンランキング第一位

042-752-0352

神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目22-2シルキーコダマ1F

顔ってゆがむの?!

2019/8/4

美容メニュー担当の義澤です!

美容鍼を施術するなかで、意外と多いことが顔のゆがみです。

顔のバランスが左右非対称になっている方は多いです。

僕自身も非対称ですから、非対称=ダメ という訳ではありません。

 

ただ、顔がゆがむことで様々なことが起きます。

 

例えば、目の高さや口角の高さが違う、ほうれい線ができやすい、ほほがたるみやすいなどです。

実は、顔のゆがみが原因でこのようなお悩みが現れることがあります。

 

ただ、顔のゆがみだけが原因でそのようなお悩みが現れるわけではありません。

原因の一つに過ぎません。

 

 

自分で顔がゆがんでいるのか確認しよう!

一番、顔のゆがみで分かりやすいのがほほの骨のゆがみです。

ほほの骨の出っ張りを指で触れると指の位置により頬の高さが分かります。

もしくは、耳の前に口を開けたり閉じたりしたときに凹んだり元に戻る所があります。

そこを触れても高さの違いが分かるのでご自身が分かりやすい方で確認してください。

 

意外とほほの高さが違う方は多いので

まずは自分の顔がゆがんでいるのかを確認しましょう。

 

ほほのゆがみによるお悩み

・ほうれい線

・肌のたるみ

・口角の高さの違い

・目の高さの違い

 

一般的にはこのようなものです。

 

頬の骨の高さが違うと何が起こるのかというと、

ほほの骨についている筋肉が硬くなります。

 

ほほの骨についている筋肉は主に口角を上げる筋肉です。

そのため、ゆがみがあることでうまく笑えなかったり口角が動きにくかったりするかもしれません。

それらの筋肉が硬くなるとほうれい線が出来やすくなったり、肌が重力に負けてたるんでしまいます。

 

このような老化現象を止めることは難しいですが、遅らせることはできます。

今のうちからしっかりとケアしておくことが3年後、5年後のあなたを変えます。

 

 

 

ほほの骨の矯正方法

簡単な矯正法として「頬つえ」をつきながら強制する方法があります。

やり方は

・机などに肘をつく

・手のひらでほほの骨を触れる

・頭を傾ける

 

これだけです。

 

ポイントは

・手のひらを上に押し上げない

・頭の重さのみで行う

 

この二つは気を付けて行いましょう。

 

1日30秒間行うだけで結構です。

また、ご自身でほほの高さが確認できる場合は

ほほが下に下がっている方のみ行います。

 

右ほほが下に下がっているなら

右ほほのみ30秒間行うだけです。

 

この矯正法を継続して左右の高さが揃ってきたら

左右30秒ずつ行いましょう。

 

もし、左右の高さに違いがない方は左右30秒ずつやりましょう。

リフトアップ効果がありますので、お試しください。

 

LINEでご相談できます

何か相談したい場合はLINEで受け付けています。

LINEはこちらから

 

美容鍼を受けた方のクチコミサイトをご覧になりたい方は下記から

クチコミサイトはこちら

 

 

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス

 

お問い合わせ042-752-0352