姿勢不良によるぎっくり腰。 | 相模原の徳永接骨院(淵野辺駅~歩7分)

エキテンランキング第一位

042-752-0352

神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目22-2シルキーコダマ1F

姿勢不良によるぎっくり腰。

2017/2/13

相模原市淵野辺の徳永接骨院 義澤です。

目次

・「ぎっくり腰の原因」

・「ぎっくり腰の施術」

 

ぎっくり腰の典型的な例として重いものを持ったら腰をグキっと、なんてことがありますよね。

確かにこの場合は、重いものを持った際に腰に負担がかかるのでぎっくり腰になるイメージがつきます。

しかし、私の経験上重いものを持ったことでぎっくり腰になった方はそう多くありません。

どちらかというと、下のものを取ろうとした時や朝起きたら痛くなっていた、などの事が多いです。

必ずしもぎっくり腰の原因が重いものを持つということではありません。

 

 

「ぎっくり腰の原因」

わりと多い例が普段と同じように生活していてぎっくり腰になることです。

特に腰に負担をかけたような原因がなく、なぜぎっくり腰になったのか分からないという方が多いです。

果たしてこのようなぎっくり腰の原因は何でしょうか?

 

それは一言で言えば、姿勢になります。

姿勢不良により腰の負担が蓄積し、ある一定の限度を超えたときにぎっくり腰になります。

腰に大きな負担がかからなくても小さな負担が蓄積していけばぎっくり腰にもなり、

症状としても皆さんがイメージしているように痛くて動くことも困難な状態になります。

極端に言えば、現状として腰に負担がかかっている自覚がある方は

いつぎっくり腰になってもおかしくありません。

 

ぎっくり腰になりやすい姿勢としては猫背の方です。

猫背とは頭が前に出ることで背中が丸くなり、体のバランスを取ろうとして骨盤が後ろに傾きます。

この姿勢が定着している場合は、頭の重さや上半身の重さが腰へと負担が集中します。

その結果、不意にかがんだ時や朝起き上がった瞬間など些細な動きでぎっくり腰になるのです。

 

ぎっくり腰の施術」

接骨院での基本的な施術として、健康保険を使った施術をします。

腰に電気療法や手技療法をしますが、当院では患部のみの施術はしません。

なぜならば、腰の負担となっている根本的な原因を改善することが

一番効率よく治り、再発予防にもなるからです。

 

ぎっくり腰の場合、筋肉の炎症が強いため患部を強く指圧したり腰椎をボキっと鳴らすような整体は

患者様の負担となるため好ましくありません。

腰を痛めてから1週間は患者様にとっては辛い日々になりますが、

1週間ほど経過すれば炎症が徐々に収まっていくので次第に痛みも軽減していきます。

ここでありがちなことが痛みは良くなってるがなかなか腰の違和感や張りなどが取れないということです。

今まで腰痛などなかった方がぎっくり腰をきっかけに腰痛持ちになることはよくある話です。

この原因が姿勢不良でもあるのです。

つまり、姿勢不良によりぎっくり腰にもなりやすく、慢性的な腰痛にもなるということです。

 

そのため当院では姿勢を根本的に改善する整体を行います。

患者様が痛いと思うことはいっさいやらないので安心して受けることができます。

詳細はこちらをご覧ください。「ぎっくり腰を治す整体」

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス

 

お問い合わせ042-752-0352