ストレートネックの原因は姿勢にある。 | 相模原の徳永接骨院(淵野辺駅~歩7分)

エキテンランキング第一位

042-752-0352

神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目22-2シルキーコダマ1F

ストレートネックの原因は姿勢にある。

2017/2/10

相模原市淵野辺にある徳永接骨院の義澤です。

 

目次

・「ストレートネックとは?」

・「ストレートネックを治すには?」

 

当院は姿勢の専門家として様々なお悩みを解決しています。

患者様のなかにもストレートネックが原因で肩こりや頭痛、めまいなどを発症している方が多いです。

病院では牽引療法や症状を抑えるための薬物療法が主な治療になりますが、

なかなか改善されない方が多い傾向にあります。

なぜなら、ストレートネックの根本的な原因は姿勢にあるからです。

 

 

「ストレートネックとは?」

本来、背骨にはS字状のカーブがあります。

腰は前弯、背中は後弯、首は前弯のようなカーブです。

しかし、ストレートネックの方は頸椎のカーブがなくなり真っすぐになります。

この状態をストレートネックと言います。

 

ストレートネックによりどのような負担があるのかというと、

頭の重さは通常、5キロほどと言われています。

しかし、ストレートネックの方は頸椎のカーブがなくなることで頭が前に出て、猫背のような姿勢になります。

この姿勢であると、頭の重さが2、3倍にも膨れ上がります。

つまり、頭の重さが10キロ15キロほどになるということです。

これほどの重さが日常的に頸椎や背骨全身の負担となるのです。

この負担が一定の限度を超えたときに首の痛みや頸椎ヘルニアになります。

 

また、首に負担がかかることで首の痛み以外に頭痛やめまいなどの自律神経失調症にもなります。

なぜかというと、首には自律神経の中継点があるためストレートネックにより首の筋肉がギュッと硬くなり

自律神経のバランスが乱れやすくなります。

その結果、頭痛などのあらゆる症状が現れます。

 

 

「ストレートネックを治すには?」

ストレートネックになる原因は大きく分けて三つあります。

「首の前側の筋肉が硬い」「肩甲骨の間(上部胸椎)が硬い」「骨盤が後ろに傾いている」ことです。

これらの原因を改善することがストレートネックを治すことになります。

 

なかにはストレートネックは生まれつきのもの、治ることはないという認識の方もいますが、

ストレートネックは生まれつきのものではなく、日々の生活習慣により作られた体のゆがみが原因です。

そのため、根本的な原因を見極めて改善することでストレートネックは治ります。

 

当院の治療はストレートネックのため首だけを治療するのではなく姿勢を根本的に治します。

そうすることで、背骨の形が本来のS字状の形に定着し首にかかる負担が軽減され、不調が改善します。

治療方法としては、骨をバキバキ鳴らすような矯正ではなく体の反射を使った優しい治療になっているので

高齢の方や症状がひどい方でも安全に受けることが出来ます。

治療の詳細はこちらをご覧ください。「頸椎ヘルニアを治す整体」

 

スタッフブログ一覧へ戻る

  • 料金・メニュー
  • アクセス

 

お問い合わせ042-752-0352